ページ内を移動するためのリンクです

印刷する

投資信託がもっと身近に 気軽に相談できる八十二銀行で投資信託を始めませんか

つみたてNISA(ニーサ) 2018年1月開始!!

つみたてNISAは、将来に向けた資産形成の手段として創設された制度です。
非課税期間は最長20年のため、長期的な資産形成に有効です。

つみたてNISA5つのポイント

POINT1 対象者は日本国内に居住する20歳以上の方
日本にお住まいの方で、NISA口座を開設する年の1月1日時点で20歳以上の方が対象となります。
POINT2 株式投資信託等の譲渡所得・配当所得が非課税
毎年1月1日から12月31日までの間に積立購入した、株式投資信託等の譲渡所得・配当所得が非課税となります。
POINT3 毎年40万円の非課税投資枠
毎年1月1日に40万円を非課税で投資できる枠が設定されます。
POINT4 非課税期間は最長20年
40万円の非課税期間は20年となっています(売却をした場合には再度その枠を利用することはできません)。
POINT5 非課税投資枠は最大800万円
毎年40万円ずつ投資をした場合、制度期間中で最大800万円まで非課税で運用できます。

イメージ図

本資料は、2017年12月15日現在の制度内容について記載しております。

NISAとの違い

  つみたてNISA NISA
投資可能期間 2018年~2037年まで 2023年まで
非課税期間 20年間 5年間
非課税投資額 毎年 40万円 毎年 120万円
投資資金 積立購入のみ 一括購入、積立購入両方可能
対象商品の制限 あり なし

留意点

  • NISAとの併用はできません

    毎年の非課税投資枠は、つみたてNISAの非課税投資枠(40万円)またはNISAの非課税投資枠(120万円)のいずれかを選択していただく必要があります。なお翌年の非課税投資枠の選択は、10月以降可能となります。

  • NISAの非課税投資分はつみたてNISAに移せません

    つみたてNISAを選択した場合、NISAの非課税投資分をつみたてNISAの非課税投資枠に移行することはできません。

  • 利用できる商品(株式投資信託等)には条件があります

    つみたてNISAで利用できる株式投資信託等は「信託期間が20年以上もしくは無期限である」等の条件があります。

【お取引に関する留意点】

つみたてNISA口座は、保有ファンドの売却を除きインターネットバンキングでのお取引はできません。

八十二銀行では、つみたてNISA専用ファンドのみ利用可能です。

つみたてNISA活用のポイント

グラフ

価格が安くなったときこそ
チャンス!?

積立投資は、価格が高い時には少ない量(口数)を、価格が安い時には多くの量(口数)を購入することができます。価格が上昇した時、結果として積み上げた量(口数)が大きなリターンに繋がります。

2007年7月末に120万円を投資したものとして、2017年7月末時点の評価額(概算)を示しています。

2007年7月から毎月月末に1万円ずつ投資した場合の2017年7月末時点の評価額(概算)を示しています。

出所: 三菱UFJ国際投信(株)のデータを基に八十二銀行が作成

右記は、日経平均株価を基に作成したものです。またグラフ・数値は過去のものを参考にしたイメージであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

はじめてのNISAプラン 対象期間: 2018年1月4日(木)~12月28日(金) NISA口座またはつみたてNISA口座を開設でQUOカード500円分プレゼント!! Jr.NISA口座を開設でQUOカード1,000円分プレゼント!!

QUOカードは、送付月の前月末までに口座開設となったお客さまへ順次発送します(送付月2・5・8・11月予定)。

QUOカード発送時にNISA口座(Jr.NISA口座)または投信口座が解約されている場合は対象外です。

プレゼントは個人の方に限り、おひとりさま1回とさせていただきます。

プラン内容は予告なく変更することがあります。

NISA口座からつみたてNISA口座への切替は対象外です。

NISA口座開設までの流れ イメージ図

NISAおよびつみたてNISAのお申込みに必要な書類
(以下の書類すべてが必要となります)

  1. ①ご本人さま確認書類(運転免許証・パスポート等)
  2. ②マイナンバー確認書類(番号通知カード・個人番号カード等)
  3. ③投資信託口座のお届印

Jr.NISAのお申込みに必要な書類(以下の書類すべてが必要となります)

Jr.NISA口座は、未成年者(お子さま)の名義での開設となります。また口座開設申込みは親権者の方が代理で行います。

  1. ①口座開設名義人のご本人さま確認書類(健康保険証等)
  2. ②口座開設名義人ご本人さまのマイナンバー確認書類(番号通知カード・個人番号カード等)
  3. ③口座開設にあたってお届けいただくご印鑑
  4. ④親権者のご本人さま確認書類(運転免許証等)
  5. ⑤親権者と口座開設名義人との続柄を確認できる書類(住民票等)

◆投資信託に関するご留意事項

投資信託は元本の保証はなく、組入有価証券等の値動きにより価格が変動し、投資元本を割り込むリスクがあります。
これらのリスクはお客さまご自身にご負担いただきます。

投資信託は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。

当行は、投資者保護基金の会員ではなく、同基金による保護の対象ではありません。

当行は投資信託の販売会社です。投資信託の設定および運用は、投資信託委託会社が行います。

投資信託は、ご購入時等に各種手数料がかかります。投資信託全般にかかる主な手数料は、2017年12月15日現在次のとおりです(八十二銀行では、次の手数料率を上限に手数料をいただきます。なお手数料は各ファンドにより異なります)。投資されるファンドの各種手数料率等の詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等でご確認ください。

【申込手数料率】申込金額の最大3.24%(税込)

【信託財産留保額】換金時の基準価額の最大0.50%

【信託報酬】ファンドの純資産総額に対し年率2.5%以内(税込)

投資対象ファンドが成功報酬制を採用している場合、成功報酬額は運用実績により変動しますので、事前に料率・上限を表示することができません。

【その他費用】監査報酬・組入有価証券の売買手数料等
(その他の費用については運用状況等により変動するため事前に料率・上限額等を表示することができません)

*各ファンドにかかる費用の最大合計額は、保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。

投資信託をご購入の際には、投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面を十分にご確認のうえ、ご自身でご判断ください。


商号等:株式会社八十二銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第49号

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

ページの上部へ戻る