ページ内を移動するためのリンクです

印刷する

はじめの一歩!外貨預金

必ずお読みください。

ご留意事項

外貨預金は為替差益が期待できるとっても魅力的な商品です。仕組みやリスクについてしっかり理解し、外貨預金をはじめてみませんか?

取引に手数料はかかるの?

外貨預金のお取引きに使われる為替相場として、主に次の相場があります。これらの相場は、当行が毎日公表しています。(公表時刻は通貨により異なります。)

TTM(公表仲値)
基本となる為替相場です。
TTS(電信売相場)
お預入れの際にお客様が円から外貨に交換する相場です。
(米ドルの場合TTM+1円、ユーロの場合TTM+1円50銭です)
TTB(電信買相場)
お引出しの際にお客様が外貨から円に交換する相場です。
(米ドルの場合TTM-1円、ユーロの場合TTM-1円50銭です)

お預入れ時とお引出し時の為替相場(TTM)に変動がなかったとしても、TTSとTTBの差(米ドルの場合2円、ユーロの場合3円、通貨によって異なります)がお客さまのご負担となります。
円を外貨にする際(お預入れ時)および外貨を円にする際(お引出し時)は為替手数料[1米ドルあたり片道1円(往復2円)、1ユーロあたり片道1円50銭(往復3円)]がかかります。[お預入れおよびお引出しの際は、手数料分を含んだ当行所定のTTS(お預入れ時)、TTB(お引出し時)をそれぞれ適用します。]よって、お預入れ時とお引出し時の為替相場(TTM)に変動がない場合でも、往復の為替手数料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円)がかかるため、お引出し時の円貨額がお預入れ時の払込円貨額を下回ることがあります。

  • 手数料についての詳細は、外貨預金に関するお手数料等一覧をご覧ください。
  • なお、当行が公表する相場は、テレビや新聞で報道されている銀行間市場で取引きされる相場とは異なります。また、為替相場の動向次第では、当行公表相場が適用されない場合がありますので、ご了承ください。

お問い合わせ・ご相談はお気軽に

お電話でのお問い合わせはお気軽に

音声ガイダンスより操作してください。
月曜日~金曜日 9:00~17:00(土・日・祝日および12/31~1/3を除く)

一部のIP電話(050番号のIP電話等)からは、ご利用いただけない場合があります。
NTTの固定電話もしくは携帯電話をご利用ください。

店舗で相談する

ページの上部へ戻る