ページ内を移動するためのリンクです

印刷する

「でんさい(電子記録債権)」とは

手形債権や指名債権(売掛債権など)が抱える問題を克服した、新たな金銭債権です。
電子債権記録機関(でんさいネット)の記録原簿に電子的な記録を行うことにより、債権の権利内容が定められます。

「でんさいネット」とは

正式名称「株式会社全銀電子債権ネットワーク」の通称で、新たな社会インフラの構築と事業者の資金調達の円滑化を図ることを目的に、一般社団法人全国銀行協会が設立した電子債権記録機関です。
「でんさいネット」には、八十二銀行はじめ全国の銀行・信用金庫・信用組合等が参加しサービスを提供します。

「でんさいネット」の特長

ポイント1

手形的利用

  • 中小企業の資金調達の円滑化に資する最も汎用的な利用方法として、現行の手形と同様の利用方法を採用。
  • 手形の取引停止処分制度と類似の制度を整備。

ポイント2

全銀行参加型

  • 銀行の信頼・安心のネットワークのもとで、社会インフラとして構築される必要性を強く認識し、全銀行参加型を採用。
  • 既存の銀行間の決済システムを利用し、確実に資金回収できる仕組みの提供が可能。

ポイント3

間接アクセス方式

  • 金融機関を経由してでんさいネットにアクセスする方式により、現在利用している取引金融機関をそのまま利用できるため、安心してサービスを受けることが可能。
  • 金融機関の創意工夫によって、それぞれの利用者ニーズにあったサービスを提供できる仕組み。

「でんさい」のメリット

支払企業さま

納入企業さま

事務負担を軽減

「でんさい」を利用すると、手形の発行など、支払に関する面倒な事務負担が軽減されます。

管理コスト・リスク削減

ペーパーレス化により、紛失や盗難の心配はなくなります。厳重に保管、管理する必要がなくなりますので、管理コストを削減することができます。

手続不要

「でんさい」の支払明細はお取引先さまへ自動的に通知されるため、手形の搬送手続が不要となります。

譲渡・分割が便利

必要な金額だけ分割して譲渡や割引をすることができます。
譲渡、分割回数に制限はございません。

印紙税不要

手形と異なり、印紙税は課税されません。

自動で入金

支払期日になると取引金融機関の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続は不要です。支払期日当日から資金をご利用いただけます。

「でんさい」と手形との対比

  でんさい 手形
債権の発生 発生記録(債務者請求) 約束手形 振出
発生記録(債権者請求) 為替手形 振出
債権の譲渡 譲渡記録 裏書譲渡
債権の分割 分割譲渡記録 分割不可
債権の割引 でんさい割引 手形割引
決済方法 債権者の口座に自動的に送金 金融機関に手形の取立手続を依頼
でんさいネット

「でんさいネット」及び「でんさい」についての詳細は「でんさいネット」のホームページをご参照ください。

八十二<でんさい>サービスに関するお問い合わせ・ご照会

お電話でのお問い合わせはお気軽に

【八十二<でんさい>サポートセンター】携帯電話からもご利用いただけます。

平日…9:00~21:00
(土曜日・日曜日・祝日、12/31、1/1~1/3、5/3~5/5はご利用いただけません)

IP電話からおかけいただく場合など、フリーダイヤルをご利用いただけないときは下記ダイヤルをご利用ください。(日本語でのご案内となります。)

音声ガイダンスから25を押してください。

ページの上部へ戻る