ページ内を移動するためのリンクです

印刷する

金融犯罪にあわないために

金融犯罪にあわないために、次の点にご注意ください

「ご利用カード」や「パスワード」の厳重な管理

「ご契約者番号」・「パスワード」などは、他人に知られることのないよう厳重に管理してください。ご利用カードを紛失した場合、パスワードをお忘れになった場合、「ご契約者番号」および「パスワード」を他人に知られてしまった場合は、すみやかにお取引店までご連絡ください。 また、パスワードなどを記載したファイル(テキスト・ワード・エクセル等)をパソコンに保存しないよう十分にご注意ください。

  • 「ログオンパスワード」および「確認パスワード」は、英数字を混ぜて設定してください。アルファベットは大文字・小文字が判別されます。
  • 第三者に類推されやすいパスワード(生年月日、電話番号、住所、口座番号、車のナンバー、連続した数字の組合せ等)の利用はしないでください。
  • パスワードは、絶対に第三者に教えないでください。当行行員がパスワードをお客さまにおたずねすることは絶対にありません。
  • パスワードは、テキストファイル、ワード、エクセルなどに記載して、パソコンに保存しないでください。

残高の定期的なご確認

口座の取引明細や残高を定期的にご確認いただき、不審な取引が発生していないことをご確認ください。

前回ご利用時間の確認

ログオンした際、前回ログオン時間や前回資金移動利用時間が表示されますので、前回利用した日時と一致していることを確認してください。

電子メールアドレスの登録

サービス申込後、「メンテナンス」メニューから電子メールアドレスを登録してください。お振込み・お振替え等の受付結果やメールアドレスの変更結果などを連絡させていただきます。

不特定多数の方が使用するパソコンでは利用しない

インターネットカフェなど不特定多数の方が使用するパソコンでは、パスワードなどお客さまの重要情報が記録に残ってしまう恐れがあります。
不特定多数の方が使用するパソコンでは八十二「法人向インターネットバンキング」ネットEBをご利用にならないようご注意ください。

ファイル交換ソフトは利用しない

八十二「法人向インターネットバンキング」ネットEBを利用するパソコンでファイル交換ソフト(Winny、Share、LimeWire、Win MXなど)を利用しないでください。ファイル交換ソフトの設定を誤ると、パソコン内の重要な情報が流出する恐れがあります。
なお、すでにファイル交換ソフトを利用されているお客さまは、すみやかにパスワードを変更すると同時に当該ソフトを削除するようお願いいたします。

不審な電子メールは開かない

「フィッシング」(電子メール等に虚偽のリンクを記載して、その金融機関とは関係のない虚偽のウェブサイトにアクセスさせることで、その金融機関になりすまして暗証番号など重要なお客さまの情報を不正に取得しようとする行為)や「スパイウェア」(パソコンなどで入力された個人情報を利用者が気づかないうちに収集して、インターネット経由で送信してしまう不正ソフト)などを利用した犯罪が発生していますので、不審な電子メールには十分ご注意ください。また、次の方法により八十二「法人向インターネットバンキング」ネットEBへアクセスしていることを確認してください。

八十二銀行のインターネットバンキングへアクセスしていることを確認する方法

セキュリティ対策ソフトの導入

セキュリティ対策ソフトをご利用いただくことで、スパイウェア、フィッシング、コンピュータウィルスなどの被害を防止することができます。

<ネットEB>向けウィルス対策ソフト「Rapport」のご案内

最新の修正プログラムを適用

OSやブラウザには、適宜、最新の修正プログラムを適用してください。常に最新版にすることで、セキュリティが高まります。

ページの上部へ戻る