ページ内を移動するためのリンクです

印刷する

健康経営の取組み

八十二銀行グループ 健康経営基本方針

八十二銀行は、すべての役職員とその家族の心身の健康保持・増進が、役職員の能力を最大限発揮するために極めて重要との認識のもと、当行の健康経営に関する考え方や取組姿勢を明確にするため、「八十二銀行グループ 健康経営基本方針」を策定しました。

八十二銀行グループ 
健康経営基本方針

八十二銀行グループは、役職員およびその家族の心身の健康保持・増進が、組織の持続的成長に不可欠であるとの認識のもと、健康経営に積極的に取組み、役職員やその家族のウェルビーイングの実現を支援します。

推進体制

頭取を健康経営推進最高責任者とする推進体制を整備しています。
健康経営に向けた各種施策の企画・運用・検証については、人事部が中心となり、健康保険組合、産業医、従業員組合等と連携し実施する体制としています。

  • 健康経営推進体制

主な取組み

これまでの主な取組み

項目 施策内容
運動促進・栄養指導
  • はちにチャレンジ健康習慣/ウォーキングキャンペーン
  • 各種サークル活動・スポーツ大会補助
  • 「サキベジ」の情宣
早期発見
  • 定期健康診断の実施
  • 人間ドック・がん検診・脳ドックの費用補助
  • 特定保健指導
  • 歯科保健対策(歯科検診補助、歯磨きセット配付)
  • 「がん対策推進企業」としての啓発活動
睡眠対策
  • 睡眠セミナーの実施
受動喫煙対策
  • 禁煙外来利用の治療費補助
相談体制
  • 健康管理室看護職による健康相談・職場訪問
  • 産業医、嘱託精神科医による相談
  • 外部専門相談機関の紹介
ストレスチェック
  • ストレス診断の実施と組織分析
働き方改革
  • 年次有給休暇1人あたりの年間取得目標日数平均13日以上の促進
  • 在宅勤務の拡充・時差出勤の活用等「柔軟な働き方」の促進
  • 生産性向上による長時間労働の縮減
ヘルスリテラシー
  • 階層別研修での健康教育
  • 保健士・看護職による電子メールによる健康相談
  • 健康だよりの定期発刊
  • 健康セミナーの開催
  • こころの健康づくり活動
  • 健康管理ハンドブックの発行

健康経営のための目標数値・進捗状況

重点健康施策 項目 目標
(2022年度末)
2020年 2019年 2018年
メンタルヘルスの
予防とケア
ストレスチェック受検率 100% 97.9% 98.5% 99.5%
疾病の早期発見と
生活習慣病の予防
BMI値25以上(肥満者)率 19%以下 20.5% 20.3% 20.2%
喫煙率 11%以下 11.9% 13.0% 13.2%
精密検査受診率 90% 85.7% 78.4% 83.1%
特定保健指導実施率 70% 47.2% 66.1% 66.9%
働きやすい環境の
整備
有給休暇取得日数(年平均) 13日以上 13.9日 13.3日 13.3日

健康経営における戦略マップ

八十二銀行では、健康経営で解決したい経営上の課題と期待する効果、健康施策(投資)とのつながりを整理するための「戦略マップ」を策定しています。

健康経営戦略マップはこちら

ページの上部へ戻る