ページ内を移動するためのリンクです

印刷する

ダイバーシティ&
インクルージョンの取組み

八十二銀行グループ ダイバーシティ&インクルージョン基本方針

八十二銀行は、ダイバーシティ&インクルージョンを経営戦略のひとつと捉え、性別・年齢・仕事の経験、さらには価値観などの「多様性」を尊重し、それを「組織の力」にすることを基本的な考え方としています。
多様な持ち味のある職員一人ひとりが、お互いに認め合い高め合うことにより、全員の力でお客さまと地域に貢献するために、「ダイバーシティ&インクルージョン基本方針」を策定し、様々な取り組みを推進しています。

八十二銀行グループ 
ダイバーシティ&
インクルージョン基本方針

<スローガン>
「多様な持ち味 × 認め合い × 高め合い」

多様な持ち味のある職員一人ひとりが、互いを認め合い高め合うことで、

  1. 能力を最大限発揮できる組織風土を醸成します
  2. 職員が自分の意見を素直に表現できる職場環境を創り、前向きな行動を後押しします
  3. 職員の働きがいと成長意欲を高め、新たな発想や価値を生み出します

推進体制

2021年6月より、多様な人材の活躍を推進する専任組織「ダイバーシティ推進室」を人事部内に設け、八十二銀行の人事基本理念(「求められる人財像」)である「強みの確立」「進取の精神」「自ら考え行動する」を具現化できるように、環境整備と風土醸成、一人ひとりの意識・行動改革を進めています。

主な取組み

多様な持ち味のある人材の活躍を促すことができる組織風土を醸成するとともに、職員が働きがいと成長意欲を感じる職場環境づくりを進めることで、新たな価値創造を加速していきます。

女性活躍推進

女性のチャレンジを促し、女性職員があらゆるステージで能力発揮・キャリア形成できるように取組んでいます。

女性活躍推進法に関する行動計画はこちら

両立支援

育児との両立支援・全体像

子育て中の職員をサポートする制度を用意し、男女問わず仕事と育児を両立できる職場環境づくりを進めています。

  • 育児との両立支援・全体像

多様な人材の活躍状況

女性職員

管理職に占める女性比率について数値目標を掲げ、積極的に育成・登用をしています。

【2021年10月からの5年間を計画期間とする数値目標】

  • 指導的地位に占める女性比率を30%以上とする
  • 管理職に占める女性比率を18%以上とする
  • 2022年3月末時点の
    指導的地位に占める女性比率:18.6%
      管理職に占める女性比率:11.5%

障がい者

障がい者雇用は企業の社会的な責任と認識し、雇用を促進していきます。一人ひとりが最大限の能力を発揮できる環境を整備し、法定雇用率を目指していきます。

2022年3月末時点の障がい者雇用比率:2.25%

外国人

新卒・中途採用いずれにおいても国籍を問わず募集しており、多様な人材の採用・登用を積極的に進めていきます。

2022年3月末時点で外国人の管理職への登用はありません。

中途採用者

人材の多様性や即戦力の確保を目的として、積極的に採用・登用を進めています。

2022年3月末時点の中途採用者管理職登用状況:42名(全中途採用職員75名中)

ページの上部へ戻る