高まる事業承継ニーズに応え、八十二銀行では県内金融機関の中でいち早く専門セクションを置き、コンサルティングをスタート。金融面のアドバイスはもちろん、外部のエキスパートとも連携して現経営者から次期経営者への引き継ぎがスムーズにいくよう尽力している。また、事業承継への関心と理解を深めるべく各地でセミナーも開催。

企業の存続と発展の鍵を握る事業承継。
銀行業務の礎も、ここにある。

避けては通れない、
企業の一大イベントに
立ち会う。

国内企業の2/3が後継者不在、あるいは後継者未定という状況にある昨今。たとえ優良企業であっても、事業承継がスムーズに進まず経営が悪化するケースは少なくない。現経営者から後継者への確実なバトンタッチは、企業にとって緊要の課題。八十二銀行は長野県の他の金融機関に先んじて、営業渉外部に事業承継をサポートする専門セクションを立ち上げた。
2015年に担当となった小柳祐介は「事業承継は、企業にとって一大イベントであると同時に、大変センシティブなテーマです」と切り出す。「長寿県という土地柄もあって、長野県は企業経営者の高齢化が進んでいます。皆さんお元気なので、“自分が退任する”という事業承継対策の検討は後手に回ることも少なくない。対策を持たずに経営者に万が一があった際は、経営の停滞を招くほか、予期せぬキャッシュアウトを強いられ、企業が弱体化する懸念があります。」
経営の観点に立ち、取り得る最善策を模索し、キャッシュアウトの極小化にも配慮しながら、事業承継後も隆々と会社が成長していけるように腐心するのが、真の事業承継コンサルティング。小柳は“転ばぬ先の杖”となるべく、顧客の事業承継対策のタイミングを逃さないよう各支店、担当者への啓蒙と連携にも余念がない。

事業承継の仕事は
銀行業務の土台、
その自負を胸に。

事業承継対策の必要性を認識してもらうため、八十二銀行では県内各地でセミナーを開催している。「経営者を対象としたものですが、大きな会場でもすぐに満員になることも。それだけ関心を持たれている証拠ですよね。特に創業社長の場合は事業承継が全く初めてのことであり、どこに相談したらいいか分からないという方も多い。今後も事業承継に関するニーズはさらに高まっていくと思います」と小柳は先見する。
現在、事業承継を担当するのは小柳を含めて3名。年間200社強、ひとり平均70社近くを訪問し、課題解決支援に取り組んでいる。顧客は県内の企業がメインだが、最近では八十二銀行の提案力やサービスを頼りにする県外企業からの引き合いも増えてきた。
基本、お客さまからのご依頼、ご相談にはワンストップで対応する。『任せて良かった、ありがとう』と感謝される事業承継とするためには、税理士や弁護士、司法書士などその道に明るいエキスパートとの連携も欠かせない。
これまでを振り返り、「銀行の主要業務は預金と融資。それらはお取引先である企業が健全に経営・存続していればこそ成り立つものです。企業がなくなってしまえば、預金や融資はなくなってしまう。企業で働く人の預金やローン、投資運用も立ち行かなくなる。つまり、企業を存続させていくための事業承継は銀行業務を根底から支える一番の土台であり、礎でもある。その考えに至った時、仕事のやりがいや自負はさらに大きくなりました」。
事業承継に特化したセクションを持つだけに、他とは一線を画す情報提供やプラン、サービスの提案を目指している。事業承継を足がかりにメインバンク化に成功する事例もあると言う。

企業の弱みを強みに変える、
熱意あるコンサルティング。

「将来は“よろず相談”を持ちかけられる銀行員になりたい」と小柳。決められた商品をマニュアルに沿って売ることは誰にでもできる。大事なのは、形の無いものにいかに付加価値をつけるか、そのための引き出しをどれだけ増やすかだ。
「法人のお客さまでも個人のお客さまでも、まずは徹底的にそのお客さまを知ることが入り口です。熟知しているからこそ、ひとつの商品やサービスに留まらず、多彩なご提案ができる。企業の課題を克服して、長所をさらに伸ばすコンサルティングもできるのです。お客さまが『ここまで親身に我が社のことを考えてくれるのか』と意気に感じていただけたなら、経営に関わるあらゆる相談を持ちかけてくれるでしょうし、個人のご資産に関わる仕事も任せていただけるのではないでしょうか」。
まずお客さまに対して興味と熱意を持ち、その思いを伝える努力をする。そうやってお客さまの信頼を得ていく。事業承継担当として蓄積してきた知識やノウハウ、築いてきた多方面への人脈ネットワークを活かし、お客さまのために今日も小柳は考え、行動している。

キーワード

事業承継

会社の経営者が、その地位や自社株式・不動産などの資産を後継者に引継ぐこと。八十二銀行では税理士等の専門家やグループ法人等と連携し「事業承継サポートチーム」を組成してお取引先を支援している。本文に戻る

セミナー

お客さまに最新の情報をお届けするため、本部や支店が様々なセミナーを開催している。個人のお客さま向けの「はちにのライフプランセミナー」や、法人のお客さま向けの「事業承継セミナー」など、分野や内容、規模は多岐にわたる。本文に戻る