主に個人のお客さまからのご相談にお応えし、定期預金、国債や投資信託等の財産形成・資産運用をはじめ、ローンや相続対策など、お客さまのニーズに合わせたさまざまな金融商品やサービスを提案する。一人ひとり異なる人生設計に耳を傾け、信頼のおける身近なお金の相談相手として、お客さまの生活が豊かになるお手伝いをしていく。

どれだけ人を思うことができるか、
人生に寄り添えるか、
お金を通じた真摯なおつきあい。

事務職から本部業務まで、
幅広い経験を積んで。

入行時には事務職での採用だったという松木。事務課で窓口内部事務など幅広く担当して経験を積んでいた。そして、受付相談業務を担当するようになって、これまでとは違った仕事の面白さに気づき、そこからやりたいものが明確になったと語る。
「当時の勤務先は小さな店舗でしたから、受付相談担当でもご融資や資産運用など、幅広くお客さまのお話を伺っていました。画一化された業務ではなく、自分でプラスアルファの工夫をしてお客さまに提案ができる受付相談という業務に大きなやりがいを感じました」。その経験が個々のライフプランに応じて適切な助言をし、的確な金融商品を提供する、マネーアドバイザーとしての第一歩となった。
一念発起した松木は自ら志願し、行内試験を受験。猛勉強が実って、本部にあるコンサルティング営業部の401kグループへの異動がかなった。
企業のオーナーや役員のもとへ連日のように足を運びながら、金融のエキスパートとしての向上心、向学心の大切さを痛感したと松木は振り返る。

きめ細やかな訪問と連絡。
積み重ねが信頼関係を築く。

401kグループで2年ほど仕事をした後、松木は出産・育児休暇に入った。そして2012年の春、マネーアドバイザーとして復職する。ブランクは確かに存在するが、経験は既にある。何より自分にとって一番の適職という自負が、以前にも増して意欲的に仕事へと向かわせた。
お取引先の役員と深い信頼関係を構築し、個人のみならず法人の資産運用も相談をいただけるようになったことも。「お客さまに『松木さんが担当してくれているから』と言っていただけることもあり、大きなやりがいを感じる瞬間です」。
現在、松木は300~400先お客さまを担当する。日頃から心がけているのは、たとえ契約の見込みがなくても定期的に訪問すること、そして電話等で連絡を入れること。「お客さまを好きになれるか、お客さまに興味を持てるか。相手を思う気持ちがあれば、何を求めているか、顕在していないニーズも汲み取れるのではないでしょうか」。
知識や経験もさることながら、おつきあいを途切れさせない、誠意あるコミュニケーション力がマネーアドバイザーには必須なのだ。
本当にお客さまにとって必要だと感じたものは、十分に時間をかけ、じっくりと必要性を伝えていく。人と人とのつながりは、小さく地道な、そして温かいやり取りの積み重ねでできていることを実感しながら、今日も松木はお客さまのもとへ足を運んでいる。

母親になったことは、
銀行員としてもプラスに。

双子の母親でもある松木は「生活において、以前は自分のことだけ考えていれば良かったのが、今は何をおいても子供が一番で、自分は二の次。親になって、職場の中でも周囲への気配りが行き届くようになったのでは・・・と思います。お子さんが泣き出してしまって困っているお客さまも助けてあげられますしね」と微笑む。
八十二銀行では女性が快く働けるよう産前産後休暇や育児休業、時短勤務といった制度を用意しているほか、育児休業中、あるいは育児休業経験者のためのママミーティングという情報交換の場も設けている。松木も先輩ママから復帰までのスケジュールなどについてアドバイスを受け、安心して育児休業に入れたと言う。
親になったからというわけではないが、後輩に対しても自分のやり方を押し付けるのではなく、まずどうしたのか訊いて『私ならこうするよ』、『こういう方法もあるよね』といったように、その人の自主性や個性を伸ばすよう心掛けていると語る。できるだけ見守るスタンスを持てるようになった。
ひとりの働く女性として、未来に思いを馳せる松木の表情は明るく輝いていた。

キーワード

窓口(ハイカウンター)

事務分野の係の一つ。銀行の店頭でお客さまからの依頼を受付け、内部事務担当者と協力して手続きを実施する。高いカウンターでお手続きを受けるため、「ハイカウンター」とも呼ばれる。一日に多くのお客さまと接し多様な分野の事務を取扱うため、幅広い業務知識と温かい接遇スキルを要する「銀行の顔」。本文に戻る

内部事務

事務分野の係の一つ。窓口の後方で事務をサポートするほか、現金や重要物品の管理や、営業担当者が持参した書類の手続きを担当する。新入行員はこの係に配属されることが多い。本文に戻る

受付相談(ローカウンター)

事務分野の係の一つ。住所変更や氏名変更、相続手続きなど、お手続きに時間がかかる事務を担当する。お客さまに腰かけていただき、低いカウンターで手続きすることから「ローカウンター」とも呼ばれる。対話を通じてお客さまのニーズを引出し、必要とされるサービスをご提案する。本文に戻る

401k(日本版401k)

年金制度のうち、「確定拠出型年金」と呼ばれる制度の総称。年金給付額があらかじめ決められている「確定給付型年金」に対し、掛金の拠出額を確定し年金受取額は運用成績によって決まるタイプのものを「確定拠出型年金」と呼ぶ。企業型と個人型がある。八十二銀行によるお取引先への企業型導入実績は地銀トップ。2017年1月より個人型の制度が変わり、加入対象者が大幅に拡大された。本文に戻る

育児休暇(育児休業)

出産後に仕事から離れて、子育てに専念できる制度。八十二銀行では子どもが満2歳に達する月の末日まで取得が可能。現在約140名の女性がこの制度を利用(平成28年9月現在)。本文に戻る

時短勤務(短時間勤務制度)

小学校1年生までの子どもを養育する職員が、一定期間において所定勤務時間を短縮して勤務できる制度。子どもの送迎や通院のためなどに利用されている。本文に戻る

ママミーティング

育児休業中の職員や育児休業取得経験のある職員などを対象にした情報交換会。育児休業中の職員は、育児休業取得経験のある職員に相談し、悩みや不安を解消する場としても活用されている。本文に戻る